全く成婚しない!結婚相談所で相手にお断りされる4つの理由とは?

2018年11月29日悩み婚活, 結婚

結婚相談所お断りされる理由アイキャッチ

結婚への意識が高い利用者が集う結婚相談所は、男女のお見合いを提供するサービスです。

昔のお見合いは会社の上司からの勧めや、親族からの紹介で見知らぬ男女のご縁を繋ぎ成婚するという流れが一般的でしたが、現代では大きなビジネス市場に。

結婚相談所の利用者は将来を見据えている分、結婚相手にふさわしいかを見定める目はかなりシビア。
その為、せっかくお見合いをしても「やっぱり結婚相手としては考えられない」と判断され、お断りされる場面が少なくありません。

では、お断りされる時の理由って、具体的にどんなものがあるのでしょうか?

今回は結婚相談所でお断りされる時の理由と、それに対しての対処法を解説します!

「せっかく高い料金を支払っているのに断られてばかり」という人でも、この記事を読めば対策が立てることができ、効率良い婚活ができるようになりますよ!

お断りされる理由(1) プロフィールがイマイチだった

結婚相談所で婚活をする女子

「人は見た目じゃない」という有名な言葉がありますが、結婚相談所での婚活では100%見た目で判断されます。別々の環境で生きてきた男女が、数枚の写真と短い文章で会う価値があるかを判断するので、見た目が重要なのは当然のこと。

元の顔がイメージできないほど加工している写真や、散らかった部屋が背景の写真、怖い印象の真顔などは婚活する上では論外です。
どんなに優しい性格でも、素敵な趣味があっても、見た目がNGであれば、内面を知ってもらう機会は与えられません。

また、何が言いたいのか伝わらない長文や、適当で短すぎる内容で構成されたプロフィール欄は、お相手の心を動かしません。

プロフィールで伝えきれないパーソナリティは会ってからが本番。
登録しているプロフィール写真に心当たりがある場合は、今からでも「会ってみたい」と思われるプロフィール写真に変えましょう。

対処法その1: プロフィール写真をプロに撮影してもらう

人気会員のほとんどがプロのカメラマンに撮影してもらった写真を登録しています。
プロにお願いした写真は通常の写真よりも爽やかで明るい印象を与えることができます。

さらに写真1枚を大切に扱い、婚活の為に用意している姿は、真剣に婚活する会員にとってはとても好印象です。

実際に、あり合わせの写真から、プロが撮影した写真に変えて申し込みが倍増したケースもあるくらいです。

写真一枚で出会いの可能性が広がるなら、行動する価値は十分にあります。
会わないと伝わらない魅力が、写真1枚でチャンスを逃しているなんてもったいないことなので、婚活用の写真をプロのカメラマンに撮影してもらいましょう。

対処法その2: プロフィールで自分の好きなことをアピールする

数多く並ぶプロフィール写真から興味を持ってもらったら、次に見るのが文章です。
初めて関わりを持つお相手ですから、丁寧な敬語を使いましょう。

以下の事柄は必ず記載するようにしてください。

  • 趣味
  • 休日の過ごし方
  • 異性のタイプ
  • 理想の結婚生活

好きなこと中心の内容で、どのようなお相手を探しているのかが伝わる文章にしましょう。ポイントは長すぎず、短すぎず。前向きな考え方が伝わるように構成します。
以下の例文を参考にしてください。

例)
はじめまして。プロフィールを見てくださりありがとうございます。仕事柄なかなか出逢いがなく、結婚相談所に入会しました。

休日は映画鑑賞やドライブをして過ごすことが好きです。

一緒に楽しく過ごせて、いろんなことを語り合える方と将来を見据えたお付き合いがしたいです。お気軽にメッセージをお願いします。

魅力が詰まったプロフィール写真と、誠実さが滲み出る文章を組み合わせれば、デートに繋がる確立が上がります。

お断りされる理由(2) 会ってみたけどタイプではなかった

実際に会ったらイマイチな男

結婚相談所に登録されているプロフィールに興味を持ち、お見合いの申込みをして初対面。
しかしながら、「イメージと違った」「雰囲気が好きじゃない」等の理由で、お断りされて2回目に繋がらないことが多いのも現実です。

プロに撮影してもらった写真であれば、実際の見た目とそこまで違いはないので、会ってがっかりされるパターンは少ないです。

ただし、元の顔がわからなくなるくらい加工した写真を登録しているのであれば、会ってがっかりはよくあるパターンです。こうしたことを回避する為にも、プロにお願いした写真はやはり有効です。

また、会う約束をしてから、実際に会うまでの時間は「どんな人なんだろう?」と想像を巡らせるもの。
一方的に強く抱いたイメージ像と、実物のご本人がかけ離れていれば、その差にがっかりしてしまうことも。

そこで、イメージに反した良い印象があれば好感度UPしますが、逆であれば2回目のデートの可能性はどんどん低くなります。ここはお相手との相性がある為、一概に改善策はありません。単にご縁がなかっただけ。前向きに次のデートへ備えましょう。

対処法: 会ってがっかりされないように見た目を磨く努力もする

「がっかりする」というのは、思い描いていた状況とは違う、想定外の出来事が起きたとき。つまり頭の中のイメージからかけ離れているから起こるのです。

結婚相談所においては会う前に写真で外見の情報をきちんと伝えることはもちろんですが、写真負けしないように見た目を磨くことも重要になります。

婚活はチャットでやりとりするだけで終わりの関係ではなく、実際に会ってからがお付き合いのはじまりです。

芸能人レベルの見た目になる必要はありません。美容室で髪型を整える、メイクを勉強する、好印象になる服装に変えるなど、ありのままを活かした磨き方で十分です。

きちんと見た目を磨く努力をすれば悪い意味でも写真とのギャップがなくなり、実際に会ってがっかりされることがなくなるでしょう。

お断りされる理由(3) 会話が全然盛り上がらなかった

会話が盛り上がらない男女

『人見知り』『極度の緊張』等、日頃もう少し話せるのに無言の時間が続き、全然盛り上がらない・・・。こうなるとお互いに一刻も早く時間が過ぎることを願いますね。

婚活の場では会話が盛り上がらないとすぐさま「この人とは性格が合わない」と判断されてお断りされてしまいます。

もともとの性格上の問題もありますが、せっかくデートできたのに残念な結果になるのは、とてももったいないことです。
性格自体を変えることは難しいですが、シンプルなテクニックで会話のキャッチボールを成立することができます。

コツを掴めば、人見知りであっても円滑に会話を進められたり、緊張を和らげてリラックスして話せるようになります。

対処法: 自分が話すのではなく相手に話させる

初対面で単純に「楽しい」と思えたなら、次も会いたくなるものです。いかに会話のキャッチボールが成立したかが、盛り上がりのキーポイント。

基本は笑顔で相手の話をよく聞くこと。自分が話すよりも相手の話を引き出して聞くことが大事です。
逆に自分の話ばかり一方的に続けると、聞いている側はうんざりします。

適度にあなたの意見も交えて、明るい雰囲気で過ごすことを心がけましょう。

また、人見知りや、緊張して無言になることを想定して、あらかじめ話したいこと、聞きたいことを考えてから会うのもおすすめのテクニックです。

携帯のメモ帳に入れておけば、デートの直前まで確認できて、会話を盛り上げるネタになります。初めて一緒に過ごす時間に、どれだけ盛り上がるかが鍵です。

誠実で明るくコミュニケーションを取って、2回目に繋がらないのであれば、そもそも二人の相性が合わないだけのお話なので、会話のテクニックを磨けたと思って次に進みましょう。

お断りされる理由(4) 価値観が違うと感じた

価値観が違う相手を拒絶する女性

末永く一緒にいられる相手かを判断するには、相手の「価値観」が重要視されます。
価値観はあらゆる物事を判断するものさしのようなもの。ものさしが違いすぎれば、都度捉え方に差が生まれ、二人の間の大きな溝になりかねません。

どんなことも分かち合って、支えあいながら生きていける相手かどうか、価値観が似ていれば前向きに検討することができます。

とはいえ、これまで別々の環境で培ってきたのですから価値観は違って当然。似ていることはあっても、全く同じということはありえません。

「異なる価値観の男女が一緒にいるから楽しい」という捉え方もできるはずなのに、価値観を理由にお断りされるのは、違いを感じたときに相手が否定的な反応を見せるからです。

「私はそうは思わない。」「そんな考え方には賛成できません。」などと一方的に言われたら誰だって悲しい気持ちになるし、分かり合えるとは思えません。

対処法: 相手の価値観を受け止めて理解する姿勢を見せる

違いがあっても、話し合って調整できれば問題にはなりません。自分と違う考え方であっても、理由や敬意を細かく知れば、大体のことは受け入れることができます。

せっかく相手が打ち明けてくれた価値観は、まず一旦受け止めましょう。その上で、理解が難しい場合は質問を繰り返す。どんなときも向き合うことができれば、多少の価値観の違いくらい乗り越えられる絆が産まれます。

逆に、理解しようとする姿勢こそが、末永く一緒にいたいと思う素晴らしいパートナーの姿です。

生理的に無理とか、どうしても受け入れられないという場合は無理する必要はなく、正直にその気持ちを伝えればいいです。
すぐに拒否せず、歩み寄る姿勢が大切です。

まとめ

結婚相談所でお断りされる代表的な理由を解説しましたが、いかがでしょうか?

大きく分けて「見た目」「初対面の印象」「価値観の違い」と、出逢いが進むにつれてお断りされる理由は異なります。二人の関係をゆっくりと育む為に、お付き合いの段階に合わせて、接し方のコツを押さえれば、これまでなかなか結果が出せなかった方も、状況を打開できます。

全て今すぐできる方法です。心当たりのある方は、すぐに試してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
白井エリー

白井エリー

幸せな結婚生活を夢見て、日々奮闘する婚活アラサー女子。 人生かけて仕事以上に真剣に婚活してます。 趣味はバチェラージャパンで男性心理を研究すること、恋愛バイブルを読むこと。努力の結果、嫉妬だらけの苦しい恋愛から、幸せいっぱいの恋愛ができるように♫ 実体権に基づき、執筆しています!!

2018年11月29日悩み婚活, 結婚

Posted by 白井エリー