婚活のお断りはLINEやメールでもOK?NG?断り方を教えます。

2018年1月16日LINE, 女性向けテクニック, 婚活

「この人、どうやって断ろう…?」

この前友達から、婚活パーティーでカップリングした男性とLINE交換をしたところあまりフィーリングが合わなかったそうで、お断りの方法を相談されました。

一度は互いに気になってのカップリングでも、まだまだお互いのことなんて知らないことばかり。
冷静になって考えてみたら、この人ちょっと違うなあ、なんてことはよくあること…

「気を使ってくれるし、悪い人じゃないんだけど…、だけどやっぱり私の運命の人じゃない…!」

そんなこと言ってないでさっさとお断りLINEなり、連絡取らないようにすればいいじゃんと思ったのですが、彼女からしたら事を荒立てずに、かつ相手を嫌な気持ちにさせないようなお断り方を探しているそう。

もしかして婚活で出会った相手を断るのって結構大変…?

出会う相手が理想の相手じゃない限り婚活の道は続いていくわけで、断る毎に相手を傷つけたり、いちいち気に病んだりしていてはキリがない。

婚活パーティー、合コン、街コン、知り合いの紹介さらにはマッチングアプリで日々出会い別れを繰り返す紳士淑女の皆様のために、合わない相手は円満にお断りをして次に進めるべく、婚活ライフにシミを残さないベストなお断り方法を考察してみたのでご紹介します。

こんなお断りは嫌!ショックが大きい断られ方とは

今回友達からの相談の依頼は事を荒立てずに…とのことなので、円満にお断りする方法を探っていきたいと思います。

しかし、断ると言っても、これがなかなか簡単じゃない。
ハートが強くないと出来ない断り方もあるし、傷つけないようにと相手のことを考えるあまり悩みに悩んで無駄な時間を重ねてしまうことも。

相手を傷つけないとは…、と考えていたら、「論語」にこんな言葉がありました。

己の欲せざる所は人に施す勿れ

これは孔子が弟子に自分がされたらイヤなことは相手にするなってアドバイスしてる名言ですね。
身につまされる最高にいい言葉です。

そこで私も孔子に習って、ショックが大きい断られ方を考えた上で、ショックの小さいベストな断り方を導き出そうと思います。

LINEを無視される

ショック度★★★

勇気を出して「今週末ご飯にでも行きましょう!」なんてLINEを送ってみたものの返事が帰ってこない…
1日、2日、3日、、、1週間経っても返事がない…既読スルー

これは2日目あたりから徐々に察してきますが、相手がいわゆるフェードアウトを仕掛けてきた状態。電話もLINEも無反応。

これってフェードアウトする側からすれば楽なんですが、された側からするとLINEくらい返せ、とイライラが溜まる一方。

うーん、これは良くない。立つ鳥跡を濁しまくりです。

もしあなたがめちゃめちゃいい人なら、フェードアウトを仕掛けた相手を「まさか何かあったんじゃないか…」なんて考えて心配したり、「仕事が忙しくて連絡できないだけだよね!」とひたすら想い続けたりする事態に…

やっぱり何かしらの一報を入れた方が良いですよね。

他に気になる人が出来た

ショック度★★★★★

じゃあ、どんな一報がいいの?と言うと、
「ごめん、やっぱり他に気になる人ができてしまって…」

これはどうなんでしょう。
断る理由としては結構あると思うのだけど…

出会いを求めて合コンなりパーティーに参加して、その時点では気になる人がいた、いなかったとして、ふたりはどこかで意気投合してLINEを交換する訳です。

その後に「気になる人が出来た」との言葉は、
別の人と比較した」という部分が濃く出ますよね。

この「比較する」と言う部分、私は男女の泥沼な昼ドラ要素が出る危険なところだと思うのです。

比較されて選択されなかったときのショックさ…
やっぱり自分はダメなんだなんてへこんでしまう…
終いには相手に対して憎さが増していき…

ああ嫌だ婚活なんてもう嫌だ…こんな気持ちになってきてしまいます。
やっぱり、「他に気になる人が…」はよくないですね。

素直に謝る

ショック度★★

無視するのもダメ、お断りの文言にも注意が必要。
じゃあ、結局、お断りするってどうしたらいいの!となってきました。

もう一度冷静に考えてみたら、シンプルに謝るのが良いのでは?と。
相手に非がないことを述べて、自分に今後付き合いを続ける準備が出来ていなことを謝る。
これなら比較された訳でもないし、一度自分との付き合いを真剣に考えてくれた訳なので、無視された感じもしない…

そう、やっぱり素直にごめんなさいと謝るのがベスト

断り方が決まったところで、つぎは方法を考えていきましょう。

LINEやメールでもちろんOK!ベストなお断り方法

そもそも断る方法としては、以下の3つが考えられる訳ですが…

  • LINEやメールで断る
  • 電話で断る
  • 直接会って断る

いづれもそのタイミングがとっても重要になってきます。
タイミングと方法がちょうどよくうまくいけば円満にお断りが完了して、
次の出会いへと進んでいけます!

LINEやメールで断る場合

友達のようにパーティーでカップリングしてLINE交換した、ぐらいであればもちろんLINEでサクッとお断りでOK!判断は早い方が楽!一気に行動にうつしましょう。

好みじゃない、ちょっと合わない…といった気持ちが浮かんできたらはやいうちにお断りの準備を。

ほんとうに大事なのは判断した後の対応を早くした方がいい、ということです。

すぐにアリかナシかを判断するのは、1度会っただけでは難しいこと。
お断りをした後にやっぱりあの時の人の方がよかったと後悔する声も少なくはありません。

かといって悩んでいる期間が長引くと断るのが厄介になります。
付き合いが深くなって、LINEじゃ済まされないから直接断る、なんて気が重い事態は極力避けたい。

断るタイミングとしては、相手から連絡があった後の半日以内がよいでしょう。

そしてお断りしたあとにできればブロックしておくと安心です。

これでバッチリ!お断りLINE例

今後の交際を断るLINEの文章で大事なことは、3つあります。

お断りLINEで大事なこと

  1. はっきりと断る
  2. 素直に謝る
  3. 気遣いの文も入れる

お断りLINEを送るときには上記の3つが含まれているか確認しましょう。

はっきりとした断りの一文がないと相手に伝わらない可能性があるので「断りの文」だけはなんとしても入れておきましょう。

カップリング後・連絡先交換後からあまり時間が経ってない場合

タイミングとしては相手から連絡がきた時がいいと思います。

来週にカラオケに行きましょう!
いま仕事が終わりました〜。一人ラーメンですww
ラーメンおいしかった!
今度行くカラオケ、フリータイムでいいよね?
土曜でいいかな?

(うわぁ、無理…)
すみません。
◯◯さんとは、ちょっと、、、
合わないと思ってしまいました。
こちらの都合で申し訳ございません!

今後の連絡は控えさせていただきます。
短い間でしたがありがとうございました。

1回以上デートした場合

○○さん、今日はありがとうございました。

こちらの都合で申し訳ございませんが、今日お会いして○○さんとはお付き合いまで至らないと感じています。

○○さんにいい出会いがあることを心から願っております。
いままでありがとうございました。

シンプルに伝えた方がベスト。
「素晴らしい時間が過ごせた〜」とか、
「忘れません〜」とかの相手を立てるような言葉はなるべく入れないで、「断る」と強い気持ちを持ってあっさりと送りましょう。

それでもしつこく食い下がってきた時にはもう、円満は諦めてブロックするしかないですね。

電話で断る場合・直接会って断る場合

基本的に今後会うつもりがない相手なのでLINEやメールでOKです。
電話や直接会って断った場合は拗れたら面倒ですしね。

こちらからお断りをするために電話をしたり直接会うということはしなくて大丈夫です。
最初のアクションはLINEでお断り。
それからもし相手から電話がかかってきた、相手が訪ねてきたなどの場合はそのタイミングでお断りをする対応でOK!

これマジ?意外な理由の断わり方

ここまで円滑にお断りする方法を探ってきましたが、さすが星の数の男女の別れ、
そんなまさかな断られ方がありましたのでちょっとご紹介します。

婚活サイトなどでは家族構成を入力する項目もありますが、意外とチェックされている項目なんですね…

これなら相手も傷つかない…

親も要チェックなのかあ…最近親の代理婚活も話題になってますね。

そういえば私にも断わられた思い出が一つ…
SNSに甥っ子との写真をあげていたら、婚活で出合った男性に子持ち?と交際お断りのメールを頂いたことがありますね…そんなまさか…甥っ子、小学生だぜ…

まとめ

いかがでしたでしょうか。
できればせっかく出会えた相手とは長く付き合える関係になりたいものですが、どうしても断らなければならない時があります。

そんな時、相手を傷つけないようにシンプルに謝るということさえ忘れなければ、円満にサッとお断りできること間違いなし。
良い別れは良い出会いへ繋がって行く、とポジティブに!婚活ライフをお過ごしください。

The following two tabs change content below.
ささくれ

ささくれ

美味しいワインが飲みたい!海外行きたい! 欲にまみれて生きてきたので、最近写経をはじめました。

2018年1月16日LINE, 女性向けテクニック, 婚活

Posted by ささくれ