アラサー女子、シャンクレールの婚活パーティーに参加した体験談!

2018年12月27日女性向け, 婚活のコツ, 婚活体験談シャンクレール, 体験談, 婚活パーティー

もうすぐクリスマス!
3回連続1人ぼっちのクリスマスを過ごし、今年こそは素敵な彼とクリスマスデートがしたい・・・!

携帯電話のアドレス帳を見ても、未来の彼氏候補となりそうな男性は皆無。

どうやったら出会えるのかすらわからない状態で、「男女 出会い」をネット検索。
すると「婚活パーティー」なる言葉を次々に発見。

耳にしたことはあるけれど、実際に何が行われているのか?

更に詳しく調べてみると、出会いがなくて困っている男女が希望通りのお相手と巡り会えるように、様々な形式のパーティーを主催しているのだとか。

これは今のわたしにピッタリだ!と、見つけたその日に予約できるパーティーを検索。

女性残り1名エントリーできる「結婚前向き男女」「年齢25~39歳」対象のシャンクレール主催・個室ブースのパーティーへ予約しました。

当日の様子から、パーティーで出会った男性とのその後まで体験談をお送りします。

シャンクレールへ予約するには?

あなたにピッタリの婚活パーティーを一覧で検索できる『街コンジャパン

画像の説明文

サイト内検索では、開催地、日付、イベント内容やキーワードから条件に合った相手に出会えるパーティーを探し出せます。

婚活パーティーは、曜日や時間問わず、毎日様々なテーマで開催されています。街コンジャパンから予約、または直接主催元のホームページからでも予約可能です。

画像の説明文

参加費について

  • 男性:相場3000円〜8000円
  • 女性:相場1000円程度

ボタンひとつでさくっと予約し、いざシャンクレール婚活パーティーへ!

持ち物に注意!

婚活パーティに参加するには、特定の持ち物が必要です。

シャンクレールに参加するには、受付時に一般的な本人確認書類の提示を求められます。

忘れた場合は参加できません。
当日キャンセルとなるので、キャンセル料が発生します。

また、当日は手書きでプロフィールに記入するので、ボールペンが必要です。
忘れた場合は、受付で購入できます。

筆者が参加したときは、健康保険証を提示しましたが、参加するパーティによって異なるので、各ホームページにて確認してください。

着るものがない!参加前にプチプラ洋服店で全身コーディネート購入!

さすが、3年間彼氏がいなかっただけあります。
男性受けしそうなコーディネートができる服が1着もありませんでした。

会社はオフィスカジュアルを提唱していますが、筆者は地味な色のチュニックに黒いズボンが定番スタイル。
無難な格好ではありますが、出会いを求めて参加するパーティに行くには地味過ぎました。

定時きっかりに退社し、会社近くのビルに入っているプチプラ洋服店にダッシュ。

休憩中に、婚活パーティーへ参加した時に男性から高評価を得られるファッションをネット検索しておいたので、携帯のメモ帳に買い物リストを作成しました。

見た目100%!婚活なら、女子アナファッション!

見知らぬ男女が集まり、複数の中から候補を探すのであれば、まずは興味を持ってもらうこと。

どんな方法で婚活していても、共通して言われているのは、「まずは見た目が100%大事!」ということ。

「人は見た目じゃない」という有名な言葉がありますが、婚活に限っては違います。内面は二の次です。

男性ウケの良い婚活ファッション第1位は「女子アナ」風。清楚かつ女性らしいファッションです。

女子アナ風にするコツ

  • 顔まわりが明るく見えるように白、またはパステルカラーのトップス
  • ふんわりしたシルエットでウエストがキュっと絞られているスカート
  • ストッキングは肌色か透け感のあるブラック
  • 少しヒールのある派手すぎないカラーのパンプス
  • バッグはノーブランドで大き過ぎないサイズ
  • ヘアメイクは派手にならないよう、ナチュラルメイク

朝のお天気お姉さんのイメージでしょうか。

上記のポイントを押さえたアイテムを一式購入し、その場で着替えて、元々着ていた服は駅のロッカーへ!

久しぶりにスカートを履いたので、身体全体に違和感を覚えながら、いざ、会場へ!

普通にかわいい女子&イケメンが参加していてびっくり

婚活パーティには、一般的に個室型とオープン型があります。
筆者は初参加なので、オープン型で圧倒されないように個室型に予約しました。

会場はまるで結婚式の会場のように装飾的で、受付する前に立ち寄ったトイレには参加すると思われる女性陣が鏡の前に連なり、化粧直しをしていました。

みんな普通にかわいくて、キレイ。
こんなに魅力的なのに、出会いがなければ彼氏ができないんだな~と同志を見つめるような気持ちになりました。

受付では男性参加者も数名並んでいましたが、スーツや私服に身を包んだ姿は、女性陣同様に魅力的でした。

これから1対1でお話する機会があるのかと思うとテンションが上がり、開始前から来てよかったと思いました。

個室型の会場レポ

写真で見るより狭い会場内に、30ブースほどの仕切りがありました。
仕切りの中には椅子が二つと小さいテーブルが1つ。スタッフに番号札とプロフィールカードを手渡され、誘導されて着席。

筆者が入ったブースにはまだ誰も着ていませんでしたが、他のブースは男女並んで座っているところもあり、既に会話が聞こえてきました。

着席すると完全な個室。
周りの様子は一切見えず、受付で見かけた男性以外はどんな人が参加しているのか全くわかりませんでした。

会場内にはパーティーの流れを説明する録音アナウンスが開始時刻ギリギリまで流れていましたが、突然終了し、今度はスタッフの声に切り替わって

「では、パーティースタートです!」

の一声ではじまりました。

プロフィールを書く

受付で番号札と一緒に、プロフィールカードとアピールカードを手渡されました。

プロフィールカードには名前(仮名でも可)、年齢、住んでいる地域、趣味、休日の過ごし方、好きなデートコース、などなど一般的な自己紹介の内容が項目欄になっていました。

パーティーがスタートする前に5分程度で書き上げるのですが、これが以外と大変!

婚活に有利な趣味ってなんだろう?などといちいち深く考え過ぎて、意外と時間がかかりました。

参加する前に、プロフィールにどんな項目があるのかを調べ、記入内容を考えておくとスムーズだと思います!
筆者は全く考えなかったにで最後の方は字が汚くなりました・・・!

女性参加者が多く、開催中2回男性不在のまま。

パーティーが始まっても、筆者の隣には誰もいませんでした。

超緊張していたので、気持ちを落ち着かせるにはちょうどよく、書いたばかりのプロフィールの書き直しをしていました。(フリクションを持参していたので、便利でしたよ!)

周りの男女は程よく盛り上がっているようで、筆者はちゃんと話せるのかとても不安でした。

参加人数によってトークタイムの配分が異なるようですが、その日は全体的に参加者が少なかったようで、トークタイムは5分以上あった気がします。

「終了!」の合図と共に、男性が隣のブースへ移動しながら一周。
女性は固定の位置から動かないので、男性回転寿司と言われたりするのですね。

いよいよ、筆者のブースに男性が入ってきました!

3年ぶりの男性と2人きりに

1人目は、公務員Sさん。
仕事柄出会いがなく、Sさんも今回が初参加だそう。

見た目はいたって普通で、決して悪くはないので普通に彼女ができそうな印象です。

まず、プロフィールカードを交換して、記入されている情報を元に会話を繰り広げます。

Sさんは車が趣味で、どこだかの外車に乗っているのだとか。
お互いに緊張しているのでカードを見つけて、無言になることがしばしば。

間を持たせようとSさん愛車の写真を見せてくれました。
お手入れが行き届いていてとてもキレイな車でしたが、筆者は車の知識が乏しく、会話を繋げられず「すごいですね~」くらいしか返答できず。

なんとか制限時間終了し、次のターンへ。

プロフィールカードと一緒に手渡されていたアピールカードは、このタイミングでLINEのID等を書いて渡し、マッチング成立に向けてアピールができるものです。

そこまで会話が盛り上がらなかったので、Sさんからはいただきませんでした。

合計7名の男性とトークタイム!

そこからも次々に男性がブースに入れ替わり立ち代わり。

もう一度だけ男性不在の時間がありましたが、そのときは女性スタッフが隣に来てくれて、色々とお話してくれました!

婚活パーティの強者となると、もう50回近く参加しているという方や、毎週2時間かけて地方から車でやってきて、週末は泊まり込みで婚活パーティに参加する方もいるのだとか。

真剣な方は全勢力をかけてお相手探しするのですね。

その後もプロフィール内容を元になんとか時間を過ごし、光輝く男性に遭遇!

タイプの男性は光り輝いて見えるもの!

久しぶりに近距離で男性とお話することにいっぱいいっぱいで、自分がどのポイントで男性に魅力を感じるのかわからない状態に。

もう人を好きになれないのか?と思うほど、ごく一般的な男性や、イケメンな男性と話しても緊張以外何も感じない。

今日は収穫なしか?と思われた頃、6番目の男性に明らかに違う気持ちを抱いたのです!

某大手企業の課長Tさん。
入ってきて早々、ネクタイを外したスーツ姿がすごく爽やかでキュン!加えて笑うとくしゃくしゃになる笑顔。

これまで無反応だった恋愛スイッチが反応しました!

九州出身で転勤で北海道に来たばかりだとか。
ちょうど数ヶ月前に九州へ旅行しに行ったばかりだったので、話は超盛り上がりました。

一番タイプな上に、一番お話が楽しい。
本日はTさんに的を絞ろう!と決めました。

見事、マッチング成立!

一通り男女のブースを通過したら、アピールタイムに移ります。

パーティー途中でもアピールカードを渡せますが、マッチングしたい相手を最後に決める前に、「あなたに好意がありますよ」とアピールする機会です。

筆者は迷わずTさんへのアピールカードをスタッフに渡しました。

ここで驚いたのが、全然会話が盛り上がらなかった公務員Sさんからアピールカードが。

どこに魅力を感じてくれたのか不明なままありがたく頂戴しました。
Tさんからは貰えなかったので、ダメかな?と気を落としました。

アピールタイムが終わると、スタッフのアナウンスで当日何組のカップルが成立したのか発表されます。

この日は3組のカップルが成立!
受付で配布された番号で発表されます。

1組、2組と発表され、なんと最後は筆者とTさんの番号でカップル成立のお知らせが!

これには大変驚きました。

パーティー終了後に軽くお茶して、次のデートへ

パーティー終了後は男性陣が先に退室します。

カップル成立している場合、男性側が会場前で出待ちしてくれているので、多くの場合はそのままお茶するパターンが王道です。

Tさんも出待ちしてくれていたので、その場でLINE交換。

近くのカフェにお茶しに行きました。

パーティー会場はとても暗かったので、明るいところで見るTさんはとってもイケメンでした。

カフェでは仕事の内容や、軽くこれまでの恋愛遍歴を語り合ってあっという間に2時間が過ぎ、お互い翌日も仕事の為解散。

駅まで送ってくれました。

2回目のデート

パーティー終了後はお互いに軽くお礼をLINEで送り合いました。

次の日すぐに、2回目のデートを誘ってくれたTさん。
基本的には平日勤務とのことですが、繁忙期は土日も仕事になることがあるとのことで、平日の仕事終わりにご飯に来ました。

2回目のデートでも相変わらずTさんはイケメンでスーツが似合っていました。

お酒が好きなTさんがよく行く居酒屋さんに連れて行ってくれて、前回よりも深い話をして盛り上がりました。

Tさんのお仕事は転勤が多いので、またいつ移動になるのかわからないのだとか。

筆者は仕事上引越しできないし、遠距離恋愛が無理なので、「せっかく出会えたのに転勤になったら残念だな・・・」と少し不安になりました。

不安を察知したのか、「転勤が多い人と付き合うのは難しい?」とTさんに聞かれました。

正直に答えると、真剣な面持ちになり「せっかく出会えたのに残念です・・・」との返答が。

話を切り替えてまた楽しい雰囲気に戻りましたが、なんとなくもう会うことはないだろうな、と予感がしました。

また駅まで送ってくれて解散。
前回のようにお礼のLINEをやりとりした後、お互いに連絡しなくなり、そのまま自然消滅しました。

まとめ〜シャンクレールは真面目に婚活している男性が多いからおすすめ!〜

今回は交際には至りませんでしたが、男性陣との接点が皆無だった筆者にとって大きな恋愛のリハビリとなりました。

驚いたのは、どんなに素敵な方であっても出会いがなくて困っている男女が大勢いるということ。

今回の婚活パーティにも、普通にかわいい女性、イケメン男性が多数いました。

マッチングアプリと違い、婚活パーティーは当日に直接複数の男女が出会えるので接戦ではありますが、効率的に出会いを探せる方法だと思います。

会ってみないとお相手の雰囲気はわからないもの。
企業が主催している婚活パーティーがほとんどなので、初心者にも安心のサポートの元、出会いを見つけることができます!

筆者はこの後、複数の婚活パーティーへ参加。

また別に記載しますが、婚活パーティーはとてもおすすめです!

The following two tabs change content below.
白井エリー

白井エリー

幸せな結婚生活を夢見て、日々奮闘する婚活アラサー女子。 人生かけて仕事以上に真剣に婚活してます。 趣味はバチェラージャパンで男性心理を研究すること、恋愛バイブルを読むこと。努力の結果、嫉妬だらけの苦しい恋愛から、幸せいっぱいの恋愛ができるように♫ 実体権に基づき、執筆しています!!