2回目のデートができない人は初デートに問題あり?マイナスキャラをプラスに変える4つの心得

2018年2月13日婚活の悩み, 男性向けテクニック, デート, 恋愛


新しい女性と出会っても、いつもデートが1回で終わってしまうという方、意外と多いのではないでしょうか?

みなさんこんにちは、スモモです。

実はスモモの先輩で、一生懸命出会いを作ろうと頑張っているにも関わらず、「一向に彼女ができない!」と職場でぼやきまくる男性がいたんですよね。ぼやきは多いですが、決して努力していない訳ではないのですよ。

どちらかと言うと、おとなし目に見られる地味なタイプの彼は、今のライフスタイルで彼女候補になるような女性と出会うことに限界を感じ、
複数の婚活アプリやデートアプリを駆使し、日夜恋人となるべく相手を探していました。

そして気に入った女性を見つけてはメッセージを送り、割とスムーズに「初デート」へと漕ぎ着けるのです。しかし、問題はそこから。

どう頑張っても、『2度目のデート』が実現しない!と言います。

スモモから見ると、外見も普通だし、変な癖もなさそうだし、不潔感もない。決してモテそうなタイプではありませんが、そんなに連続で断られるのも考えにくい。これは1回目のデートに原因がありそうです。

今回は彼にスポットを当てて考えてみたいと思います。
名は仮にQさんとしましょう。

鈴木浩介とサツマ芋をプラスしたような容姿のQさんは、システムエンジニアとして毎日パソコンに向かいながら、ため息交じりに思っていました。

「彼女が欲しい…。」

思っているはずなのに、その欲求は頻繁に唇から漏れていました。
Qさんは「女性とお付き合いした経験が大昔に1回だけで、しかも1ヶ月で別れた。」という事を今でも大変気にされている、いわゆる女性経験少なめ男性。47歳の彼は真剣に焦り、そして絶望していました。

この記事ではQさんの事例を元に、1回目のデートから2回目のデートまでスムーズに漕ぎ着けるためのスモモが考える好印象テクニックを4つ。さらには、もっと女性と自然に接することができるようになるための3つの提案を紹介します。

初デートでのマイナスキャラと改善策

さて、そんな頑張り屋のQさんが初デートに漕ぎ着けた時に一体何をやらかしているのか?それは、あまりにも残念なマイナスキャラクターが前面に出てしまっているという事でした。では初デートでどのような状態に陥っているのか具体的に見てみましょう。

無表情

普段から無表情寄りのQさん。恥ずかしさを隠しているのか、興奮するあまり平静を装いすぎているのか分かりませんが、女性を前にしてさらに能面のごとく無表情を決め込みます。そして少々早口に、やたら業務的な挨拶を口にして下を向きます。この時女性は思います。『あれ?もしかして私、歓迎されていない?』『容姿でガッカリされたのかな?』『もうすでに、つまらなそうなんだけど…。』『てか、怒ってる?』女性を死ぬほど不安にさせていますね。このように、「無表情」というのは、必要以上に不安感を与えたり、嫌悪感を抱かせたり、時には、何を考えているのか分からない、つまらない人という印象を強く与えてしまう事もあります。もったいないですね。初対面の印象は、割と根強く残ると言われていますので、頑張りたいところです。

改善策

では、第一印象が良い人に改善してみましょう。まずは何よりも「笑顔」を練習してみてください。笑顔はそれだけで他人を安心させます。
笑顔が苦手な人は、思い切ってそのことを言ってしまいましょう。

Qさんアイコン
あまり笑顔できなくてスミマセン。
自分、不器用なので。
でも今、すごい癒されてます。
Qさんアイコン
そう見えないかもしれないけど、
今めちゃくちゃ楽しいです。

女性に緊張するあまり顔が真っ赤になってしまったら、その通りに言ってみてください。

Qさんアイコン
つい緊張しちゃって、顔が熱いんです。
すみません。(照)

↑この、照れが大事!
男の人も、照れてる女の子可愛いって思うでしょ?女の子も同じです。照れてる人に悪い人はあんまりいません。自信を持って照れましょう。

秘策として、笑顔で「嬉しさ」や「楽しさ」が伝えられなかった場合は、言葉で伝えれば良いのです。「あなたに会えて、楽しかった。」と。

ではここで、スモモのお手本をご覧入れたいと思います。2018/01

スモモアイコン
いやぁ、女の子と2人で話する事なんてあまりないから、何喋っていいか分からないニャン(照)
好きな事喋ってみて。聞いてるから。

大丈夫、聞いてるだけで
声聞いてるだけで、癒されてるから
ああ、今日の疲れが全て浄化されていく。

………ところで犬派?猫派?

スモモは猫なので自分の事が好きなのかどうか、つい気になって聞いてしまいますが、犬派か猫派かという極めてどーでもいい、なおかつライトでキャッチーな話題をフルことで次の会話につなげようという、姑息かつ上級者テク!このセリフを赤面せずに言えれば明日からは多分モテ男くんの仲間入りです。

結局のところ笑顔を見せる意味とは、「嬉しいです。楽しいです。」と相手に伝える行為。たとえ無表情であっても相手が嬉しいのであれば、楽しいのであれば女性も悪い気はしません。自分は今、とても嬉しくて楽しいです。と色々な方法で伝えてあげてください。

無表情なのに、なぜかギラギラしたものを感じる

さてQさんの場合、女性に慣れていないという事と「どうしても、何があっても彼女が欲しい!」という並々ならぬ渇望を腹んでいる為か、無表情の割に目がギラギラしています。どうやったらあんなにギラつくのか?スモモもお目々をキラキラさせてみたいもんですが、

初対面の女の子にこの顔を見せたら、ちょっと怖がられてしまいます。

そうですね、言うなれば「肉食獣の男の子と草食動物の女の子」という図式になり、これから捕食される弱小動物の気分をうっかり与えてしまう危険性があるのです。
さらに「どうしても彼女が欲しい!」という必死さが空気感染のように伝わってしまい、(この人、女なら誰でもいいんじゃないの?)と女性に疑念を抱かせてしまうのです。

女性の理想は、好きだから → 付き合う
しかし必死男性は、彼女を作るのがゴールだから(?) → 付き合う

このようなズレを、女性は感じてしまうのです。
おそらく男性の皆様は、平静を装いつつ、じっくりと女性を吟味しているつもりでしょう。その野獣のようにギラギラとした目で。しかしそれは、全て女性に伝わっています。そして、怖いです。

改善策

ギラギラやめましょう。とりあえず。女性は捕食されに来ている訳ではありません。一緒にいて楽しくなる相手、安心する相手、自然体でいられる相手、気の合う相手、などを探しに来ているのです。まあ、このような意識を念頭に置きつつ、実戦ではこのように気をつけてみましょう。

1、ジッと見るのやめよう。
いくら好みの女性でも見すぎるのはやめてあげましょう。お食事しにくくなってしまいます。女性がなんか食べようとしてる時は視線をそらしてあげましょう。

2、ジッと見すぎたなー。と思ったら、ちょいちょい関係の無い所を見てみよう。
(例1)目の前の料理やお酒やお茶
(例2)外の景色
(例3)意味もなくカウンター越しのマスターの顔

3、伊達メガネをかけてみよう。
メガネをかけると、目のインパクトが緩和される効果があるらしいです。ギラギラと怖い目になってしまいがちな人は、メガネをかけてみてはいかがでしょうか?でも、サングラスはNG。初対面でサングラスが許されるのはYOSHIKIとToshlだけです。(スモモ的見解)

4、視線を外した状態で少し微笑みながら話しかけてみよう。
見ていなくても、あなたの事を気にかけていますよ。という上級者テクです。心がつながり始めると、目を合わせなくても会話ができるようになるものです。

悲壮感を漂わせている


一体何があったというのでしょう。
とんでもない負のオーラをまとって女性の前に登場する疲れ果てた落ち武者のような男性がたまにおります。Qさんもその1人。人生という名の戦場で、いくつもの戦乱に巻き込まれ、数え切れないほどの負け戦を強いられてきたような彼に、女性はかける言葉が見つかりません。Qさんは普通にしているだけだと言いますが、女性には見えています。彼の頭に刺さった矢が、背中に刺さった矢が。「もう、1人にはしないでくれ。」という断末魔にも似た、その心の叫びが。

しかし、結論から言ってしまうと女性は絶望の矢にあまり興味を示しません。興味を示さないどころかむしろ、ネガティブなものからは離れようとする傾向があります。悲壮感漂う彼と付き合うことで、自分もいずれこの悲しみの渦に巻き込まれ、暗くて寂しい人生を強いられるのではないかと少しナーバスになってしまいます。「こんなに傷ついちゃって、かわいそうに、よしよし。」と、優しくしてくれるのは看護師さんとお母さんくらいなのです。

では、女性が興味を示すものは何なのか?それは、あなたの脳天に刺さっている矢ではなく、もっと別の場所に刺さっている黄金の矢。しっかりと射止めたのかどうか、それだけを気にしています。

改善策

人間にはバックヤードというものがあり、その人の生き様が雰囲気として滲み出ているものです。恐らくQさんも、長らく女性とお付き合いをしていなかったというバックヤードが「悲壮感」として滲み出たものと思われます。これを覆すには「苦しみ」や「悲しみ」が滲み出てしまうバックヤードを「楽しさ」や「優しさ」を感じるバックヤードに変えることが一番なのですが、生き様や性質、考え方を今日ら突然クルッと変えることは至難の技。そんな簡単にできることでは無いので、ここでは、デート前にできる簡単な方法を考えてみたいと思います。

1、お笑いを見よう
とにかく女性と会うときだけでも、ポジティブな自分になれれば良いので女性と会う1時間前くらいにお笑い番組やネタ番組などを見て、楽しい気分になっておきましょう。

2、お酒、飲んじゃおう
もし、アルコールで明るいキャラになれる人ならば、女性と一緒にお酒の場でデートするのもありでしょう。ただし、下品にならないように注意。

3、蛭子さんをイメージしよう
蛭子能収さんが好きな人、嫌いな人、色々いると思いますが
蛭子さんくらいの軽やかな空気を身にまとえるようになってみましょう。
気にしない、こだわらない、命に関わる事以外はそんなに大したことではない。くらいの感じなら、女性も緊張せずに素の自分を出せるのではないでしょうか。

人の話を聞かない

これも緊張のせいなのか慣れていないのか、はたまた嬉しすぎて止まらないのかは謎ですが、自分の話ばかりする人は倦厭されます。

特に最悪なのが、せっかく女性が喋っているのにも関わらず、
やたら食い気味で喋り出してしまう人。

それが自分の話ではなく、その話題であったとしても遮るのは絶対にNG。相手が喋り終わるまで待つべきです。遮られた女性は訝しげな顔でこう思っています。「はあ?私の話つまらないって意味?だから早く終わらせたいってこと?」これではデートしに来たのではなく、喧嘩吹っかけに来たようなものですね。もし、今の話題で触れたいところがあったのであれば、話が通り過ぎちゃう…と思っても一旦は女性の話が終わるのを待ちましょう。その後で、「なるほどね〜。ちょっと話戻るけど、ウチのばーちゃんは…」などと、カズレーザーのような感じで戻れば良いのです。

改善策

喋りすぎも、喋らなすぎも、コミュニケーションとしては少々マイナス。
自分が50%喋ったら相手も50%喋っている。という感じで
常に同じくらいのパーセンテージで声を出す事を心がけて会話しましょう。

人にもよりますが、おしゃべり好きな女性が多いことも事実。そんな女性が相手だった場合は聞き役に徹するのもあり。気持ちよく喋らせてあげる事も優しさであり、ポイントアップの可能性も大変高いです。中には沈黙が気まずくてつい喋ってしまうといった人もいるかと思いますが、そんな時も、普通にカミングアウトしてみましょう。

Qさんアイコン
僕、沈黙が苦手で、間を埋めようとして喋ってしまうんです。すみません。

ちょっと硬いですね。ではここでスモモのお手本をご覧ください。

スモモアイコン
ぼく、間が空くのが苦手で、つまらなくさせちゃったかな?って不安になっちゃうんだぁ。だから焦って、いっぱい喋っちゃうんだよね。よくないよね、これ。子供っぽいよね。でも、そういう時ってない?

はい!ここポイント!
次は彼女に喋らせるための、ゆるめのパスです。今まで沢山喋ってしまった分、今度は女性に喋ってもらいましょう。
そして、間が空くのが苦手なのは、あなたにつまらない思いをさせてしまったのではないかと心配になるからです。と、相手を思いやっての事だという事実を、スモモのように自然に伝えてみてください。きっと女性は笑いながら「大丈夫だよ〜。つまらなくないよ〜。」と言ってくれるはずです。

以上がQさんのやらかしてしまった初デートでのマイナスキャラ4選でした。これらに注意しながら、もっと楽しくもっと自由に女の子とのおしゃべりを楽しみ、「僕といると、毎日が楽しくなるよ!」と全面的にアピールしてみてください。きっと上手くいきます。

注意点はわかったけど、具体的にどうやって2回目のデートに誘えばいいの?とお考えのあなたには下記の記事がおすすめ!LINEを駆使してスマートに約束を取り付けましょう!いくつもの場数を踏んだ経験豊かなカカロットが詳しく教えてくれますよ!

彼女を作るためのライフスタイルチェンジ

Qさん同様「女性に慣れていない」という理由でせっかくの出会いも進展することなく過ぎ去っていってしまう男性にワンポイント提案。彼女ゲットのためのベース作りとしてライフスタイルから徐々に変えてみましょう。

まずは女性のお友達を増やしてみよう


女性を見た時に、すぐさま品定めをしてしまってはいませんか?「これはアリ」「これはナシ」なんて品定めをすればするほど、あなたも女性に品定めされる立場に立っています。果たして今のあなたで周りの強豪に打ち勝つことができるのでしょうか?有りか無しか、彼女か彼女ではないか、白か黒か。このような極端な考え方が、さらにあなたを女性から遠ざけている可能性も否めません。その結果、必死感MAXなギラギラした目の悲壮感大爆発キャラが顔を出してしまうのです。あな、恐ろしや、恐ろしや。

そうならないためにもまずは落ち着いて、女の子の茶飲み友達でも作ってみましょう。別に下心がある訳ではないので、ギラギラせず気楽に楽しく、自由にお話できると思います。年齢層にこだわらず、かなり年上のお姉さま達とお話しするのもおすすめ。お姉さま達は優しい人が多い上に、あなたの事をまるで息子のように可愛がってくれる場合もあるので、恋の悩みを聞いてもらうのもアリです。さらに「誰か良い人がいたら、紹介してください。」と言っておきましょう。可能性が広がります。

そうして何人かの女性とお茶を飲んでいるうちに、女の子の好きな系統や上手な会話術などが自然と身につき、自分に自信が持てるようになるでしょう。
勝負は、その後です。

モテる系の男性と行動を共にし、観察してみよう

彼らも同じ人間なのに、自分とは何が違うのか?探り出す必要があります。あいつと一緒にいると、あいつだけがモテて俺が引き立て役になるから、一緒にいるのはやだな。と思っても、まずは研究材料だと思って、我慢してみてください。習得したい箇所は沢山あるはずです。

笑顔、会話術、髪型セット、洋服のセンス、小物選び、遊びに行く場所など。とても仲の良いイケメンだったら、相談してしまうのも1つの方法です。

「お前がいつも行ってる美容院、教えてよ。」とか
「俺に似合う服、なんか選んでよ。予算3千円でオシャレ目なやつね。後でラーメン奢るからさ。」といった感じです。

ちなみに、「生まれつき顔の造りが違うから。」などと悲観しないでください。世の中には色々な好みを持った女性が存在します。決してイケメンとは言えない芸人さんが可愛らしいタレント女性と付き合っていたり結婚したりという例は沢山あります。
大切なのはプラスα。モテるためには外見や装飾だけでなく、その人ならではの「味わい」もまた、大きな武器になり得るのです。

毎日を楽しくしてみよう

恋人ができて毎日を楽しく過ごしている人は、
実は恋人がいなくても毎日楽しく過ごしている人です。

1人だろうが2人だろうが関係なく、日々充実した生活を送れる人こそが真のモテ男と言えるでしょう。それは何故かというと、彼らの放つ軽やかな空気に女性は安心感や期待感を抱き、一緒にいて楽しい気持ちになるからです。

誰かと一緒に生きて行くことは、実は1人でいることよりも難しいことかもしれません。
自分を楽しませる術を知らない人が、どのようにして恋人を楽しませるというのでしょうか?まずは1人の時間を大切にし、自分を幸せにしてみてください。

毎日の自分磨きで恋人ゲット!そして幸せな日々が始まる


人はなぜ、恋人を探すのでしょうか?
それは、愛に触れることがこの上ない娯楽であり、生きる意味であり、幸せへの道しるべだからです。しかし、「恋人さえできれば自分は幸せになれる!」と勘違いしている人はいませんか?恋人とはつまり、あなたと同じただの人間です。あなたの抱え込んだ闇も、不幸な生い立ちも、うまくいかない人生も、払拭させる女神のような力は宿していません。あなたと同じ、1人の弱い人間です。

では誰が、あなたを助けてくれるのか。それは誰でもない、あなた自身です。自分の問題に気づき、ゆっくりでも改善する努力を重ね、日々を過ごしたあなたはある日気がつくでしょう。自分の周りが少し変わっていることに。そうして以前よりも少し素敵になったあなたに、女性は好印象を抱くようになります。

素敵な恋人を手に入れるには、自分も素敵な人になる必要があるのです。

そしてあなたには、その素質があります。
色々な方法を使い、なんとか女性と仲良くなろうと健気に頑張る姿は、女性との交際に全く興味を示さないイケメンよりも、はるかに可能性が高いと言えるでしょう。恋人を探し続ける者だけが、恋人と出会えるのです。

どうか
Qさんと全ての婚活恋活男性の元へ、素敵な恋愛が訪れますように。

スモモからは以上です。

スモモのおすすめ記事
女性の心理をちょっとのぞいてみましょう。男性のこんなところを見てるのか〜と思わず納得!

The following two tabs change content below.
スモモ

スモモ

自由とチョコをこよなく愛する猫。 果物はあまり好きではない。 なぜ大人になると、結婚と出産に縛られなければならないのだろうか。 幸せを模索中。

2018年2月13日婚活の悩み, 男性向けテクニック, デート, 恋愛

Posted by スモモ