【こんな男は嫌われる!】絶対に付き合いたくない男性の特徴7選

2018年6月1日恋愛, 男性向けまとめ, 恋愛, 男性

同性からは好かれるのに何故か女性から嫌われる…

特に悪いことをした覚えはないのに、
なぜか突然LINEを無視されるようになった!という経験がある方、いませんか?

それどころか、既読すらつかなくなり、いつの間にかブロックされていたという悲しい経験をした方もいるでしょう。

「女性と喧嘩した覚えはないし、ひどいセリフを浴びせた覚えもない、なぜこうなったのか全く分からない!」

何が原因か分からないのは、モヤモヤしますよね。

そういう男性は、もしかしたら自分でも気付かないうちに女性が嫌がる発言や行動をしているかもしれません。

何が原因か分からないまま放っておくと、これから先、良い出会いがあったとしてもそれをモノに出来ない可能性もありますよ。

女性が許せない、男性の取る行動とは一体なんなのでしょうか。
私の個人的な意見も多いとは思いますが、何個か挙げてみましょう。

女性から嫌われる男の特徴

外見に自信がある男性でも女性から嫌われることは当然あります。

逆を言えば、
イケメンというだけではカバーしきれないほど嫌なところがある。

ということなのでだいぶ危険な気がしますが。

女性に好かれるためには、「単純に見た目が良ければ良い」という問題では無いんですよね。

お金に細かいケチな男は嫌われる

会計の際、必ず割り勘を要求してきたりお金の計算に細かい男性は女性から嫌われる可能性が高いです。

これは、私が高校生の時にすでに感じていましたね。

当時付き合っていた彼氏と学校から帰る途中、彼が「小腹が空いた」と100円のハンバーガーを買ってきたことがありました。

私はそこまでお腹が空いてなかったので、彼のハンバーガーを一口もらうだけだったのですが、

その時に彼に「100円だったから50円ちょうだいね」

と言われて高校生ながらビックリしましたw

しかも
  1. 彼氏は当時そのハンバーガー店でバイトをしていた
  2. バイトながら高校生にしては稼ぎは良い方だった
  3. 私は家庭の事情でバイトが出来なかった

( ^ω^ )「お前稼いどるやんけ」

って話だったので、彼のケチさに驚いて若干冷めました。

その後も「電車賃10円安いからこのルートで行こう」

と、たった10円違うだけなのに遠回りするルートを選んで出掛けたりと、
今思えば徹底したケチ男でした。

もしかしたら、いい大人になった現在でもケチだったりして。

自分大好き!ナルシストな男は嫌われる

たまに外で見かけますね。

お店の窓に映った自分をメッチャ見てる男。

髪型を気にしてやたら触っていたり密かにポージングまで決めていたり。

正直、「誰もあんたのこと見てないよ」って言いたくなります。

いくら自信があったとしても明らかに自分の容姿に酔っている男性は見ていてイラっとするし、それだけナルシストならきっとチャラいだろうし…

女遊びが激しそうなイメージしか無いので良い印象は1つも無いです。

さらに、「俺に釣り合う女になれよ」なんて上から目線な発言をする輩も。

何をするにも自分第一なので、女性の都合よりもまず自分の都合を優先する傾向があり、人に気を遣うことも無いのがこのタイプです。

また、女性のことを「自分をより輝かせるための道具」と考え、優越感に浸りたいがために容姿の良い女性ばかりを狙う男性も多いです。

人としてどうなの。

と、つっこみたくなります。

「俺すげぇ」をアピールする男は嫌われる

「まじ俺神かも〜」
「俺、天才なんだけど!」

電車の中でこんな会話をしている男性陣をよく見かけるのですが…

はいはい、楽しそうですね。

友達同士でふざけて笑い合っているだけなら良いです。ギャーギャーうるさいのは迷惑ですが。

でも、本気で女性に「俺すげぇ」をアピールしてくる男性もいるんですよね、自分の過去の武勇伝とか。

女性からしたら特に興味を持たないような、どうでも良いことをめちゃくちゃ自慢げに語ってくる男性って何だか器が小さい気がしてなりません。

ナルシストな男と通ずる部分がありますが、自惚れが激しい男性は女性のために何かをしてあげるということを知らないのではないかと感じてしまいます。

「何でもいいよ」と自分で何も決めない男は嫌われる

一見、女性の意見を優先する優しい男性なのかと勘違いしてしまいますが、実際は1人では何も決められないだけだったりするのがこのタイプです。

私もイライラさせられたことは結構ありました。

食事編
私:「ご飯何にする?」
男性:「何でもいいよ」
私:「イタリアンか和食ならどっちの気分?」
男性:「どっちでもいいよ」

外出編
私:「どこ行きたい?」
男性:「どこでもいいよ」
私:「遊園地か水族館ならどっちの気分?」
男性「どっちでもいいよ」

( ^ω^ )「少しは考えろやい」

何かを決める際、彼女に全てを任せてしまう人は、実は彼女へ依存しているケースが多いです。

少しは自分の意見も言って欲しいし、何を聞いても「何でもいい」と答えられるとさすがに話す気が失せます。

すぐ人や仕事の悪口を言う男は嫌われる

うわさ話や同性の悪口など。圧倒的に女性の方が言いそうなイメージはありますが、私が以前付き合った男性は女性である私以上に人の悪口をよく言う人でした。

「あいつ生意気やから嫌いやねん」
(あなたどんな御身分なの?)
「ブスのくせにエェ車買ってアホちゃうか」
(あなたの顔も大概よ。)
「こんな案件成功する訳ないねん上司クソやな」
(やる前から諦めてるその精神嫌いです。)

聞いていて気分の良いものじゃないですよね。

不機嫌でイライラしている人とはあまり話したくないし、ネガティブな内容の話は聞いているこちらも暗い気持ちになってしまいます。

結局、聞かないとまた相手の不満が溜まる一方なので聞く側は真剣に聞くフリをしなければならないのですが、せっかく一緒にいるなら楽しい会話をしたいと思うのは当然です。

こういった男性と付き合うと、楽しい時間を過ごせないのはもちろんですが女性側が必要以上に気を遣って接しないといけないので非常に疲れます。

男性なら、女性がこぼす愚痴に「よしよし、イライラしないの」となだめてくれるほど寛大な心でいてほしいものです。

綺麗好きにもほどがある潔癖症な男は嫌われる

基本的に、女性は不潔な男性が嫌いです。

清潔感があり爽やかな綺麗好き男性は大好きですが、それも行き過ぎるととても厄介だと感じてしまいますね。

芸能人で言えば、「中居正広さん」や「今田耕司さん」「東国原英夫」などが挙げられます。

テレビのリモコンが少しでも定位置からズレていたら嫌だとか、汚れるのを恐れソファーにタオルを敷いて座るとか、好きな女性に触れられるのもあまり好きじゃないとか…。

私も、母親以外の人が握ったおにぎりは食べられませんがそれを軽く超えるほどの潔癖はちょっと引きますね。

もし付き合ったら、潔癖な男性に合わせて行動しなければいけないだろうし、あれこれ文句を言ってきそうなのでそれを考えると正直面倒臭いです。

男性は少しぐらい大雑把な方が女性としては楽かもしれないですね。

食べる時にくちゃくちゃ音を立てる男は嫌われる

食事のマナーというものを知らないのでしょうか。

食べる時に口を開けてくちゃくちゃと盛大な音を響かせる男性って本当に嫌ですね。

韓国人には多いような気がしますが(文化の違いなのでしょうか?)日本では、口を開けて食べることは行儀が悪いことだと教えられると思います。

しかし、口を閉じて上品に食べる男性は意外と少ないのが現状です。

私は、人生でたった1度だけ、専門学校時代に一目惚れというものを経験しました。

クラスが違ったので遠くから眺めるだけだったのですが、学祭を機にその男性と仲良くなりました。

そんなある日、食事に誘われてルンルン気分でランチへ行ったのですが…
その男性、口を開けながらものを食べる「クチャラー」だったんですよ。

くっちゃくっちゃ…。

店内に音楽が流れていたにも関わらずあの音量はやばかったです。

それから私は、「ひぃぃぃいいい」とドン引きしてしまい淡い恋心はその日のうちにスッと跡形もなく消え去りました。

誰も、高級レストランでのテーブルマナーを完璧に仕上げろなんて言っていません。

一緒にいる女性が気持ちよく食事が出来るよう、ものを食べる時は口を閉じるという最低限のマナーは気をつけて頂きたいです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「こんな男性は嫌だ!」という男性の特徴を私の体験談も含めてご紹介しました。

自分と重ねてみて、当てはまったところはありましたか?

どれも過半数の女性が納得するような内容だと思うので、どれか1つでも当てはまったら速攻で自分を見つめ直すことをオススメします。

書いていて思ったのは、やはり女性は器の小さい男性が嫌いなのです。

女性が男性に求める「包容力」というのはすなわち「器の広さ」に通ずるのでしょうね。

男性と女性の価値観や感性は違って当然かもしれませんが、あまりにも常識が無い人は女性のみならず同性からも距離を置かれてしまうことになり兼ねないので気をつけましょう。

以上、ellyでした(≧∀≦)☆

The following two tabs change content below.
elly

elly

海外アニメと辛いものとお洒落が大好き♪射手座なので狙った獲物は逃さない!...逃さな過ぎて無駄な物を衝動買いしてしまう癖は早く直したい(´ー`)w

2018年6月1日恋愛, 男性向けまとめ, 恋愛, 男性

Posted by elly