ハイスペック向けのマッチングアプリDine(ダイン)で美人看護師とデートが実現した体験談!

2020年2月14日Dine(ダイン)​デート, 体験談

西くん
こんにちは、マッチングアプリ狂の西亮介です。

今回は、Dine(ダイン)でデートした体験談をお話します。

Dineはハイスペ向けのマッチングアプリです。
西はハイスペではないので、Dineに課金していませんでした。

しかしたまたま、無料で利用できる機会があったので、ワンチャンスを狙って登録。

奇跡的に一人だけマッチングしました。

西くん
100人くらいにアプローチして、たった一人だけです……

本記事では、そんなミラクル体験について、詳しく紹介します。

Dine(ダイン)でマッチングするまでの経緯

まず始めに、マッチングまでの経緯をお話します。

招待コードで短期決戦

上述したとおり、Dineは僕と相性がよくありません。
だから課金することも、ずっと見送っていました。

しかしながら、「招待コード」なるものを持っていると、1週間だけ無料で利用できる仕組みがあります。

たまたま招待コードが手に入ったので、短期決戦のつもりで利用しました。

 TODA’Ys PICKSでマッチング

今回のお相手は、TODAY’S PICKSでマッチング。

Dineから無作為に選ばれた女性がサジェストされる機能ですね。
サジェストされるたびに、ひたすらアプローチ。

招待コードによる有料会員期限が切れる直前に、ようやく一人だけマッチングしました。

西
いやー、Dineで自分のスペックが大したことないということを、肌身で感じさせられました。

皆さんもDineをやるなら、十分なスペックに到達してからにしましょうね。

お金も無駄になるし、そのうえ傷付きます(笑)

相手の情報(年齢・職業・似ている芸能人など)

ハイスペック男子がゴロゴロいる中で、わざわざ僕を選んだの人は、「綾子」ちゃん(仮名)。

彼女の情報は、以下に示すとおりです。

  • 年齢:30歳
  • 職業:看護師
  • 似ている芸能人:特になし
  • その他:身長が170cmと、女性としてはかなり高い部類に入る

見た目は、

こんな感じでした。
Dine(ダイン)はやっぱり美女が多い。

ちなみに身長と年収で負けていました(笑)
公務員は強いわ……

のちに分かったことですが、救急車で緊急搬送されてくる患者を看護する部署で働いているそうです。

ゴッドハンド輝の世界じゃん!かっこいい!

Dine(ダイン)でメッセージのやりとり

メッセージにおいては、少し工夫しています。

Dineは他のマッチングアプリと違って、独立したやり方があると思っています。

即LINE移行

LINEをゲットしておけば、デートが終わったあとも、色々とアプローチが掛けられます。
と言うことで、速攻でLINEを交換しました。

普通のマッチングアプリ(PairsやWithあたり)でLINEを聞くと、即嫌われます。
ただ、Dineはマッチングした時点で、デートすることがほぼ確定しています。

したがってLINE交換の打診もしやすかったし、実際すんなり交換できました。

余計な話は無し

メッセージに長居するのはよくない感じがしますね。

マッチングしたと言うことは、少なくとも「この人となら食事してもいい」と思われているわけです。

だから、デートしてもらえるようなアピールをする必要はありません。
よって、余計な話をして失点しないように心がけていました。

僕は、LINEで自分語りして失敗することが多いのでかなり注意していました(笑)

サッカーで例えると、3-0で勝っているのに、わざわざ攻める必要はないですよね。
だから、失点しないように守りの姿勢を取ったと言うわけです。

メッセージで頑張って攻めて、デートへつなぐ流れを作らなくて良いのは、本当に便利!

どのような経緯でデートに発展したのか

続いて、デートに発展した敬意を説明します。

通話で約束

西くん
僕はデートや食事の約束はLINE通話で取り付けるようにしています。

なぜなら、文面で打診するよりも、圧倒的にデートの約束が取り付けやすいから。

「会う前に、少し話してみたい」と言って、30分ほど電話しました。

雑談した後で、「さて、いつデート行く?」と言うように切り出しました。

特に難しいことはしておらず、自然な流れです。

Dine(ダイン)提案のお店は変えた

Dineでは、女性にアプローチする段階で、Dineがサジェストするお店も提案する仕組みになっています。

僕としては、これが非常に厄介でした。

なぜならサジェストされたお店がお上品過ぎて、「これは緊張して話せないわ」と思ったからです(笑)

と言うか、そのお店へ入っていいような洋服すら持っていない状態でした……
多分入り口でドルガバのアイテムを提示させられる店ですね(意味不明)

と言うことで、「もっといい店あるよ、こっちにしよう」と、適当に理由をつけて店は変更。
ただ、余計に食事代がかかるお店へ行くこととなりました。

会計額は20,000円は超えていたと思います、とほほ。

Dine(ダイン)でマッチングした相手と実際に会ってみた

アプリでの印象は、「あら、美人さんだな」と言う感じ。

しかも写真を加工していなかったので、特別違和感は感じませんでした。

デート中の出来事や会話

デート自体は、個人的には良い時間の過ごし方だったと思います。

ある種の結果は伴っていませんが……

ワンナイト狙いは失敗に終わる

僕はワンナイトを狙って、デートに臨みました。

西くん
で、結論から言うと、ワンナイトは無理でした。

僕を含めた一部男性の中で、「保育士・介護士・看護師はワンナイトしやすい」と言う通説があります。
3つとも「相手のお願いを聞くこと」が重要な仕事だからです。

だからワンナイトへの誘いにも応じやすい、と言う理屈です。

ヤレ職と言うやつですね(クズの発想)。
にも関わらず、ワンナイトは失敗。

と言うか、途中でワンナイトを諦めてしまいました。

綾子ちゃんが「ワンナイトなんてあり得ない」と言うのを、それとなーくほのめかしてくるんですよね……

その時点で「あ、これは無理だ」と思ってしまいました。

後、美人相手だったので、自分が尻込みしてしまったと言う部分もあります。

とても楽しい時間

とは言え、デート自体は楽しかったです。
僕はセフ……じゃないや、女友達には年上がいません。

年上の女性と、ハイクラスなお店で食事するのは、なんとも言えない充実感がありました。

看護師の仕事について、話を聞けたのも面白かったです。

夜勤明けはテンション上がって寝れないそうです。
年寄りのおじいちゃんは、ボケたふりして、乳にセクハラタッチしてくるんだとか。

僕も乳院したい!

デートした相手とその後どうなったのか

綾子ちゃんとは、その後も関わりがあります。

とは言え、踏み込んだ関係に至っているわけではありません。

マッチングしてその後について

デートしてから4ヶ月ほど経っていますが、いまだに連絡は取り合っています。

時には電話で話すこともあります。
特に込み入った話をすることはなく、雑談することがほとんどです。

たまに人生相談したりしています(笑)

ぼくとしてはある種のチャンスを探っている部分もあります。
とは言え、「女性」と言うよりは「友達」として認識している側面があります。

と言うことで、あまり本気で口説こうとはしていません(笑)

デートはしていない

ただ、現段階で2回目のデートには至っていません。

だってワンナイト無理なんだもん、行く意味ないじゃん(クズ)

でも、たまに連絡を取り合うだけでも楽しいです。
個人的にはこの着地で満足しています。

ワンナイト狙うなら、もっと自分自身を磨かないといけないですね。

Dine(ダイン)体験談のまとめ

Dineは、ハイスペ向けのマッチングアプリです。
女性もハイスペックで、男性にもそれ相応のものが求められます。

さらにワンナイトと言うわがままを通すなら、もっと大きなステイタスが必要です。

今のぼくには、まだそれだけの力がなかったと言うことですね……

とは言え、ブルジョワなデートを楽しむという体験ができたことはよかったと思います。

久しぶりに「デートって楽しんだな」と思いました。

皆さんもぜひ、Dineで素敵なデートを楽しんでもらえれば、と感じています。
ちなみにマッチングしてからは、本当に楽ちん。

問題はマッチングできるだけのスペックがあるかどうか。
男性諸君、スペックの向上に励みましょう。

女性の方は、僕みたいな奴に気をつけてください!

The following two tabs change content below.
西亮介

西亮介

28歳の恋愛工学生。過去モテなかった悔しさをバネにして、マッチングアプリで恋愛をエンジョイしています! マッチングアプリや恋愛のノウハウをお伝えできるように、精一杯がんばります!

2020年2月14日Dine(ダイン)​デート, 体験談

Posted by 西亮介