Omiai(オミアイ)の「ペアで会いたい」の使い方まとめ!本当にペアで会えるか検証してみた

2020年1月17日Omiai(オミアイ), 女性向け使い方

真面目な恋活、婚活アプリとして人気のOmiai(オミアイ)!

いわゆる「ヤリモク」や業者などが少なく、女性でも安心して出会えると評判です。

マッチング条件を細かく決めることができるのが「Omiai」の大きな特徴ですが、マッチングの精度を上げることで、より自分の理想とピッタリの相手と出会うことができるんです!

妥協しなくてよいのは嬉しいですよね。

Omiaiのマッチング条件には『出会うまでの希望』や『初回のデート費用』といった項目がありますが、なかでも珍しいのは「ペアで会いたい」という条件です。

今回はこの『ペアで会いたい』に関して詳しく解説していきます!

Omiaiのことが詳しく知りたい!って思った人は婚活ネット編集部がわかりやすくまとめたので、ぜひ以下の記事で確認してみてください。

Omiai(オミアイ)の詳細

もっと詳しいOmiaiの詳細をみる

Omiaiの『ペアで会いたい』ってなに?

Omiaiの『ペアで会いたい』は、マッチング条件のひとつです。
アプリの設定でオン・オフを切り替えることが可能です。

女性の場合、初めての男性と一人で会うのはリスクがありますし、不安ですよね!そんな不安を解消してくれるのが『ペアで会いたい』という条件です。

これは「1対1」ではなく、「2対2」で会いたいという意味になります。いわゆるグループデートの提案ですね。

もちろん、女性だけではなく男性も設定することが可能です。
ただし、検索してみたところほとんどの男性は「ペアで会いたい設定」をしていませんでした。

『ペアで会いたい』の設定方法

まず、マイページの写真の右下にある鉛筆マークをクリックします!
これでプロフィール設定を変更できます。

「詳細プロフィール」をタップして、一番下までスクロールすると「マッチング条件」という項目があります。

ここで「ペアで会いたい」という設定が可能です。

ちなみに、プロフィールの一部を変えることにデメリットはありませんが、そのたびに運営の審査が入ります。すぐには反映されないので注意してくださいね!

Omiaiの『ペアで会いたい』に設定するとマッチング率が下がる?検証してみた

今回、私が『ペアで会いたい』設定にするとマッチング率が下がるのかどうか、実際に自分のアプリで試してみました!

自分も「いいね」をしないとマッチングにはならないので、もらった「いいね!」の数で検証しようと思います。

まず、『ペアで会いたい』を登録しなかった場合の「いいね」の数は10分間で7でした!
少ないか多いかは難しいところですが…時間が深夜だったので少ないかもしれません。

とりあえず、気になる人には「いいね」を返しておきましょう。

次に『ペアで会いたい』に「はい」を選んだ時の「いいね」の数は、10分間で8でした!むしろ増えてますね。

最後に、『ペアで会いたい』に「いいえ」を選んだ時の「いいね」の数は最初と同じく7でした。

結果としては、どれを選んでもほとんど「いいね」の数には影響しませんでした!

これは納得の結果です。気になる異性を選ぶ場合、最初は写真、次に年齢や住んでる地域を見ますよね。

ペアで会いたいと思ってるかどうかは、ほとんどの男性が意識していません。
女性は初めての人に会うのは不安がありますが、男性は女の子が二人で来ても一人で来ても、あまり関係ないということでしょう。

Omiaiでペアで会えるか10人に聞いてみた

ありがたくマッチングできた男性の方に「友人と二人で会ってもいいですか?」と聞いてみました!
実際に「ペアで会いたい」機能を使ってますから、変な提案ではないですよね。

すると、嬉しいことに返信率は高かったです!スルーしないでもらえるだけ助かります。
それではそのなかのメッセージから、多かったものを紹介しましょう。

  • いいですよ!ぼくも友達連れていきますね
  • いいですけど、僕は一人でもいいですか?
  • あなた一人で大丈夫ですよ!安心してください
  • 業者?勧誘?

実際に「2対2でOK」となったのは、2〜3割ぐらいでした。
意外と多かったのが、「男1対女2」で会わないかという提案でした!三人ほどいましたね。

おそらくですが、女性側が一人で会うのは不安という気持ちはわかるけど、自分が友達を誘うのは面倒くさい、あるいは恥ずかしい。そういった男性が多いようです。

「あなた一人で大丈夫ですよ!」という人は、良い人なのでしょうが少し的外れですよね。

こちらの提案していることにイエスもノーも言わないで「大丈夫!」というのはあまり建設的ではありません。はぐらかしている感じがしますよね。

最後の「勧誘?」というのは、いきなりディスられてびっくりしましたが、後々「なるほど!」と気づきました。つまりネットワークビジネスの誘いとか、保険の営業とか、そういう人と勘違いしているようです。

女性が複数で会おうとする=自分をだまそうとしているという感覚なのでしょうか。あまりしつこくして疑われるのも嫌なので、そういう人には返事をしませんでした。

実際にペアで会ってみた【デート内容と感想】

今回は、「いいよ!友達呼ぶから2:2で会おう!」と言ってくれた男性と会うことに。
やっぱり初めての方と会うのは緊張しますね。

彼はかなり積極的で、会う日時や場所をすぐに調整してくれました。
男性が主導権を握ってくれるのは正直楽で助かります。

今回ついてきてもらったのは、マッチングアプリを使ったことがないYちゃんです。「ダブルデートに付き合ってほしい」というと、快く引き受けてくれました!

でもやっぱり不安はあるみたいで「アプリの出会いってあやしくない?ストーカーとか詐欺とか気をつけてね」と言ってくれました。

Yちゃんは彼氏がいるので、恋活目的ではなく、純粋に私を心配してくれてついてきてくれたみたいです。

待ち合わせ場所にやってきたのは、写真通りの青年と、かなり真面目そうな眼鏡の男性。

最初は緊張しましたが、話していくうちに盛り上がりました。やっぱりお互いの友達がいるおかげか、話が弾みやすいです。

会話のネタがなくなっても、さりげなく横からフォローが入りますし、私の良い所を友達が話してくれて、彼も好印象を持ってくれたみたいです。

お互いに気まずい雰囲気になることもなく、また次の約束をしてその日のデートは終了。
次は二人で会うことにしました!

その後は女子二人で打ち上げへ

最後にお礼としてYちゃんにカフェでパンケーキをおごりました!「変なことにつき合わせて悪かったねー」と言うと「彼氏には悪いけど、久しぶりに合コンみたいで楽しかった」と言ってくれたのでホッ。

Yちゃん
○○さんは、見た目より真面目だと思うよ。うまくいくといいね!

と、恋活を応援してくれました!

友達とすぐに打ち上げや反省会ができるし、「ペアで会いたい」にして大正解だったかもしれません。

ただし「2:2でいいよ!」と快く引き受けてくれる彼を探すのが、少し大変かもしれませんね。

Omiaiの【ペアで会いたい】機能についてのまとめ

Omiaiでは、マッチング条件に『ペアで会いたい』を選ぶことで、2対2で会う提案ができます!

男性側で『ペアで会いたい』を選択している人はほとんどいませんが、「いいね!」の数が減ることはないので、マッチング自体は減りません。

実際に、ペアで会ってくれる男性はマッチング全体の2〜3割ぐらいです(自分調べ)。
友達がいることで不安は解消されますし、彼の印象などを第三者目線でじっくり聞くこともできるのでおすすめですよ!

Omiaiのアプリのことが詳しく知りたい!って思った人は婚活ネット編集部がわかりやすくまとめたので、ぜひ以下の記事で確認してみてください。

Omiai(オミアイ)の詳細

もっと詳しいOmiaiの詳細をみる

The following two tabs change content below.
nohara

nohara

埼玉の片隅に住む年齢不詳ライターです。 マッチングアプリ、恋活アプリ、婚活アプリを自在に使いこなす出会いマイスター!どんな失敗しても次の出会いへとつなげるポジティブウーマン…かもしれません。

2020年1月17日Omiai(オミアイ), 女性向け使い方

Posted by nohara