【超簡単!】女の子の呼び方を下の名前に変えるだけでドキドキ効果が急上昇!

2018年6月7日恋愛, 男性向けテクニック, 恋愛, 男性

みなさんは今現在、仲良くなりたいと思っている女性がいますか?
その場合、どのような方法で距離を縮めて行きますか?
高価なプレゼント?それともデラックスなデートに誘う?

そんな特別なことをしなくても、
実は、とても自然でとても効果的な縮め方があるんです。

それは呼び方を変える事!

初めは難しいかもしれませんが、
コツを掴んでしまえばとても簡単だし
プレゼントを送るよりも、よっぽど仲良くなれます。

今回は付き合う前の男女から、友達以上恋人未満の男女まで
グッと親近感を感じるような『名前の呼び方』を伝授します。

女の子の下の名前を呼ぶ効果

子供の頃は、両親や友達、保育園の先生など多くの人が下の名前で呼んでくれていたのに、
大人になると苗字でしか呼ばれなくなってしまいます。
その事が、少しさみしいな。と感じている人は多いのではないでしょうか?
そうです。人は、名前を呼ぶことで 相手に親近感や喜び、安らぎを感じる生き物なのです。
この効果を使って、気になる人への好感度を上げてドキドキしてもらおうという作戦なのです。
では、なぜ下の名前を呼ぶと好感度が増すのでしょうか?

名前を呼ぶと恋愛ホルモンが増える!

実験でも、その人の『名前』を呼ぶことで体内のオキシトシンが約2割増したという結果が得られています。
オキシトシンとはいわゆる『恋愛ホルモン』のこと。
この効果を上手に使えば、顔見知りだった程度の気になる異性と
仲良くなれる可能性がバリ高なのです。

オキシトシンとセロトニンは人間の持つ『幸せ幸福ホルモン』のツートップです。
このホルモンを効率よく分泌する事で人間は幸せ感を味わいます。
主にスキンシップや会話、性行為などで分泌しますが、名前を呼ぶだけでもその効果があるそうです。
しかも呼んだ方も呼ばれた方もオキシトシンが分泌し、両方が幸せ感を味わうそうなので
一石二鳥ですね。

カクテルパーティー効果もある!

さらに、下の名前を呼ぶことで『カクテルパーティー効果』というものが得られます。
これは、バーや居酒屋などのガヤガヤとうるさい場所でも
自分の名前を呼ばれると、そこだけスッと耳に入り聞き取れる。というものです。
名前を呼ばれるということは、それほど強いインパクトがある訳ですね。

知り合ったばかりの女の子の呼び方は苗字か、あだ名が好印象

合コンや知り合いの紹介などで女の子と出会った時はチャンスです。
普通ならば『苗字+さん』ですが、思い切って二人だけのあだ名をつけてしまう事も好印象に繋がるからです。
台詞としてはこんな感じです。

自分「初めまして。田中です。」
女性「宮田ユミです。こんにちは。」
自分「ミヤタさんか。では、なんて呼ぼう?ミヤッチでも良い?」
女性「はい。結構です。」

はい、これで彼女はミヤッチです。
歳が近いとか、今後恋人になりたいと思っている場合は
親しみを込めて「優しいタメ口」などで話すのはアリだと思いますが、
いきなり呼び捨てにするのは、かなり危険な賭けだと言えます。
ほとんどの場合、女性はイライラ感を感じます。例えば、

自分「初めまして。田中です。」
女性「宮田ユミです。こんにちは。」
自分「ミヤタさんか。じゃあ宮田って呼ぶわ。宮田!へへへ」
女性「帰っていいですか?」

こいつ、終わりましたね。女性は基本、面倒臭い奴とは関わりません。
このように苗字でも名前でも、初対面の人に突然呼び捨てにされる事は
女性にとって別に嬉しいことでもなんでもありません。
むしろ、『だれ?』『何様?』『ムカつく!』と反感を買ってしまい、初対面で徹底的に嫌われてしまう可能性もあります。
冷静な女性だった場合、『ああ、この男は女性を呼び捨てにすることによって、自分の自尊心を保ち、常に女性よりも自分が有利に上の立場でいたいと思っている、ダサイ男なのね。呼び捨てにしたところで有利な立場になんかなれないのに。それにも気づかない残念な男ね。この男、私よりも弱くて浅はかだわ。かわいそうに。』と、かなり深めに分析されてしまう場合もありますので気をつけたいところです。

礼儀正しく苗字を呼べば『自分は常識人である。だから何にも心配はいらないです!』という印象を植え付ける事ができますし、
可能であればあだ名をつけてしまう事も仲良くなる第一歩かもしれません。

ちなみに「知り合ったばかりの女の子をどうやってデートに誘えばイイんだよ!」とイライラしている方は、こちらの知り合って間もない女性がついOKしてしまうデートの誘い方8選の記事をチェック!詳しいやり方が書いてあります!

3回以上会った女の子の呼び方は下の名前で呼ぶのが好印象

さて、いよいよ下の名前を呼ぶタイミングが訪れようとしています。
苗字やあだ名と違って下の名前で呼んでくれる人など、相当仲の良い親友や親くらいなもんです。
つまり、下の名前で呼ぶということは、そのレベルにまで近づけることができます。

しかし、
突然、下の名前で呼びましょうなんてハードルが高すぎますよね。
でも、タイミングを間違えなければ好印象間違いなしです。
これからご紹介するテクニックを使えば、相手の女の子をドキッとさせることができるのです。

名前で呼ぶタイミング

田中とミヤッチ3回目くらいのデート。
その日は普通に1日中「ミヤッチ」とあだ名で呼びます。

「ミヤッチ何食べたい?」とか「ミヤッチはこういうの好き?」などです。

デートも終盤に差し掛かり、いよいよお別れの時
別れ際にたった一度だけ
「またね、ユミちゃん!」と呼びかけましょう。

この突然のギャップ!これが効果的なんだそうです。
ずっとあだ名で呼んでいたのに、
なぜ、最後に名前で呼んだのだろう?とミヤッチは考えてしまい、
次のデートまでずっと田中のことを考えてしまう効果があります。

年上男性だけが使える呼び捨てテクニック

女性の下の名前を呼び捨てにするということは、とてもリスキーな賭けです。
成功すれば、かなり親しくなれるのですが
失敗した場合、相当嫌われてしまいます。

女性は、自分の好きな人や大事な人に呼び捨てにされる事には全く抵抗がなく、むしろして欲しいと思っています。が、興味のない人、嫌いな人、他人などに呼び捨てにされると、大変気持ち悪く嫌悪感をビシバシ感じます。

しかし、このリスキーな呼び捨てテクを上手く使いこなせる人達がいます。それは、
女性よりも年上の男性達です。

年上の彼らが、
ある日突然「ユミ!」などと下の名前を呼び捨てにしたら
ユミさんは思わずドキッとしてしまいます。
これは年上男性だけが使える女性をドキッとさせるテクニックなのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?
女の子の呼び方を変えるのは、地味に大変な作業かもしれません。
しかし、その効果は確実で相手に好印象を持たせたいならトライするべきだと考えます。

もし狙っている女性がいるのなら告白に移る前に、
この『名前を呼ぶ作戦』でどんどん距離を縮めてから素敵な場所で告白した方が確率が上がるはずです!

また、この作戦はマンネリ気味のカップルや長く一緒にいるご夫婦にも応用が可能です。
最近「ねえ」とか「お前」とか「あなた」とか、そんな感じでしか相手を呼んでいなかった人は ぜひ試してみてください。
『名前』を呼ぶだけで、お互いの距離が近くなり親密感が戻って来ますよ。

The following two tabs change content below.
スモモ

スモモ

自由とチョコをこよなく愛する猫。 果物はあまり好きではない。 なぜ大人になると、結婚と出産に縛られなければならないのだろうか。 幸せを模索中。

2018年6月7日恋愛, 男性向けテクニック, 恋愛, 男性

Posted by スモモ